話し方に続いては、相手の足や手、上半身の動きから気持ちを読み取る心理テクニックについてご紹介しちゃいます。
お客様の動作を分析できれば、ナンバーワンキャバ嬢や売れっ子ガールズバー店員になる事も夢ではありません。

全身でいつも感情表現をしている

足や手で何がわかるの?なんて思ったりするかもしれませんが、人は思っているよりも全身でいつも感情表現をしている生き物なので、無意識で動かす癖などがつい出てしまうものなのです。

これは大抵自分じゃ分からないもので、人に指摘されて初めて気付いたりするんですよね。

例えば、足をゆらゆらしていると話に集中していない、興味がないことの現れですし、足を固くしていたらストレス、緊張状態であることが分かります。

足をコツコツさせだしたらかなり落ち着きがなく、逃げ出したいような気持ちになっていることが分かります。


行動からわかる感情でお見通し

手を見るなら、手がよく見える位置にあるかどうかは重要です。

手のひらが見えていたり、テーブルの上にちゃんと置かれているならある程度リラックスしていたりする証拠。

逆にテーブルの下にある状態や、腕組みしている状態は心を開いておらず、防御態勢をとっているということになります。

そして、極めつけが上体を反らす行為です。これは不快であるというアピールの可能性が高いです。

話題を変えてみたり、フォローすることが必要かもしれません。

足の動きや手の動きなんかにも人の気持ちが如実に現れているので、自分ももしかしたらどこかで観察されているかもしれませんね!

逆にしっかり観察できるよう、バッチリ頭に入れておくと役立ちますよ。

行動からわかる感情は怖い物です。